季節の変わり目のスキンケア 春のゆらぎ肌

ゆらぎ肌って何?

その名の通り、お肌がゆらいでいる状態で、一時的に肌荒れやニキビ、敏感肌、乾燥などの肌トラブルを引き起こしたり、化粧ノリが悪くなったりします。

ケアをしないままにしていると、お肌のバリア機能が低下し、シミやシワの原因となることも!

春に起こりがちなトラブルとは?

寒暖の差が激しく、自律神経が乱れやすい季節と言われています。また花粉やほこり、黄砂などが多く肌にとってはつらい季節です。

自律神経は肌のターンオーバーと深くかかわっているため、これが乱れると肌調子も狂ってしまいます。未成熟の細胞がはがれおちてしまって刺激に弱くなったり、逆に古い角質がなかなかはがれおちずにゴワゴワになったり。花粉に反応して、かゆみや赤みなどが出るのもこの季節特有です。

冬の間の肌へのダメージが現われやすく、また急激な気温変化が肌の新陳代謝を乱し、暖かくなり皮脂分泌が盛んになることなどが原因で肌荒れを起こします。

春の紫外線量は夏と同じくらいのレベル

春先からは紫外線も強くなってきます。肌寒い日も多いため誤解しがちですが、3月の紫外線量は9月とほぼ同等。油断せず、対策に力を入れなくてはなりません。

 

春の紫外線ケアは日焼け止め+保湿

温が暖かくなってきたとはいえ、まだまだ空気中は乾燥し、               お肌にとって過酷な環境が続きます。

紫外線からお肌を守り潤いを保持するには、日焼け止めと保湿のWケアで、徹底した「守り」がポイントです。

まずは、紫外線をお肌に浴びないことが重要。
顔はもちろん、肌を露出する部分にはきちんと日焼け止めを塗りましょう。

また、紫外線を浴びたお肌には徹底した保湿を。
紫外線を浴びたお肌は非常にデリケートです。

夏場は日焼け止めに下地、ファンデーションと重ねて鉄壁防御をする人も多いですが、この時期は肌が不安定なので刺激となることもあります。オフィスで過ごす時間が多いならSPF15、PA+~PA++程度のファンデーションで十分です。

 

冬並みのスキンケアを行うことが大切!

春はポカポカと暖かく、いくら湿度が低いといわれても、寒くないから乾燥してる気がまったくしないと思います
カラダは温かさを感じていても、湿度は低く、日中との寒暖差から、知らず知らずのうちに、乾燥ダメージを受けています。

暖かくなったので、つい『サッパリ系』のケアをチョイスしがちですが、このシーズンの乾燥は油断できません!

冬仕様だった肌が、急に高くなる気温や日に日に強くなってくる紫外線の影響で、     刺激を感じやすい状態になっています。

                                          春のスキンケアのポイントはたっぷりの化粧水でお肌を潤し、美容液で水分をキャッチ。  油分のベールでお肌をしっかりとフタをして、水分の蒸発をストップする!        お肌の乾燥を少しでも防ぐには、潤いをしっかり閉じ込めておく天然の皮脂膜が必要です。 でも、お肌がカサカサと乾燥しているので、皮脂が足りない状態なのでお肌の水分を閉じ込めてくれる、オイル系のクリームはオススメです!油分のベールがお肌のフタとなり、潤いを逃がさずしっかりと保湿すると春の風にあたって乾燥してしまったお肌を油分のフタで保湿してくれます。