乾燥肌とファンデーション

乾燥肌とは、文字通りのうるおい・水分が不足している状態。 本来、は角質がバリアとなり、水分を保持しています。 健康なは汗などの水分と皮脂が混ざり合ってできた皮脂膜で覆われています。 この天然の保湿クリームが少なくなると、乾燥をまねいてしまうのです。

どうして乾燥肌になるの??

人間の肌には外気からの刺激やばい菌&細菌などの侵入を防いだり、
体内の水分を蒸発させたいためのバリア機能があります。肌のバリア機能を担っているのが角質層と呼ばれる部分で、角質層は角質細胞と細胞間脂質とで出来ていて
細胞間脂質が水と結合し肌の水分を保っています。常、角質層は約30%の水分を保つことが出来るのですが、何らかの理由により、機能が正常に働かなくなり水分が30%以下になってしまう状態が乾燥肌です。

乾燥肌には保湿が必要とよく言われますが、肌に潤いがなく、かさかさの状態の肌が乾燥肌と呼ばれています。生まれつきの乾燥肌の人もいますが、間違った肌ケアやストレス、生活環境といった要因で乾燥肌になってしまいます。

よく乾燥肌は水分不足だと思われていますが、水分不足だけが乾燥肌になってしまう原因ではありません。水分を肌に維持させていく状態を保湿といいますが「水」は蒸発してしまうので、肌の中に留まらせるアイテムが必要になってきます。それが皮脂のような油分なのです。乾燥肌の人は水分だけでなく皮脂が不足しているのも特徴です。水分と皮脂が不足した場合に乾燥肌になります

ファンデーションが粉を吹く・・・解決策は?

パウダーファンデーションをつけただけでは、肌が粉を吹いてしまうので「リキッドタイプのファンデーションやクリームタイプのファンデーションを使った方がいい!」という人もいますが、それは残念ながら逆効果です。何故なら、リキッドタイプのファンデーションやクリームタイプのファンデーションには、界面活性剤が使われているのでお肌に刺激を与えてしまい、更に乾燥が進んでしまうからです。

粉が吹くくらい乾燥しているということは、洗顔のし過ぎなどにより角質層が傷ついてしまっていてバリア機能が低下していて水分が蒸発していることが考えられるので、洗顔のし過ぎに注意することと、保湿することが大切です。

洗顔は、洗顔剤の使い過ぎやゴシゴシ洗いも肌を傷める要因になっていることが多いので注意!

 

また、保湿は洗顔後すぐにたっぷりの化粧水で水分を与え、美容液を塗った後、クリームで蓋をすることを忘れないようにしましょう。

洗顔に気を付け、保湿ケアを十分に行うことで状態は改善されてきますが、
パウダーファンデーションを塗っても気になる部分があるときは、
メイクの上からジェルや美容液などをつけ肌になじませてあげると良いでしょう。