混合肌になる原因とは?

 

混合肌になる原因とは?

原因を知って改善させよう

「混合肌って生まれつき?「私は運が悪かったのね…」と悲観してはいけません。

この肌質の違いやその度合いは、年齢や体質もありますが、

では一体どんなことが原因で混合肌を深刻化させているのか?「外的要因」と「内的要因」に

分けて解説していきます。

混合肌の原因その① 外的要因

「ストレス」「生理前後などホルモンバランス」

外的要因としてよくいわれるのが、「市外線」、「エアコンによる乾燥」、「喫煙やアルコー

ル」、「食生活」、「間違ったスキンケアや化粧品の不具合」、「季節の変わり目」などです

肌の状態は、外部からの刺激を常に受けて変化してします。紫外線対策はスキンケアの基本中

の基本…言うまでもないかもしれませんが、

肌にとって大きな刺激の1つですから、しっかりケアしてください。

Tゾーンは特に紫外線を浴びやすいため、紫外線や外部の刺激から肌を保護するため、皮脂の

分泌も活発になります。

ただし、混合肌や脂性肌でTゾーンの皮脂の分泌が過剰になっている場合、紫外線が肌の表面

にある皮脂を酸化し、肌を傷つけたり、皮膚炎を引き起こしたりすることもあります。


混合肌の原因その①内的要因

「ストレス」「生理前後などホルモンバランス」

内的要因としてよくいわれるのが、「ストレス」「生理前後などホルモンバランスの乱れ」

などです。

ストレスがたまると体のあちこちに不調をきたしますが、肌の場合、目に見えて状態が悪くな

るのでわかりやすいです。

具体的には、体内に活性酸素が多量に発生することにより、肌のハリが失われます。

また、免疫力が低下することで、アクネ菌が繁殖してニキビができたり、自律神経の乱れによ

り肌のターンオーバーを妨げます。

また生理前後はどうしてもホルモンバランスが乱れるため、その影響で肌の

コンディションも乱れがちです。