クレンジングで毛穴開き防止

間違ったクレンジング法が毛穴のトラブルを悪化させる!

肌に負担をかけない正しいクレンジング方法をしることが毛穴トラブルを防ぎ、きれいな毛穴を保つ効果的な手段となります。反に、間違った方法を繰り返していくと毛穴のトラブルの原因となってしまうことも事実。また、クレンジング剤選びの大前提は、「肌に負担をかけずにメイクを落とすこと」クレンジングは使い方や種類を間違えると、必要以上に肌のうるおいや角質を奪い、毛穴を健やかに保つために正しいクレンジング方法を見ていきましょう。

クレンジング剤の選び方

クレンジング剤の特徴と適した肌質、さらに毛穴を健やかに保つための正しいクレンジング方法を紹介。

クリームタイプ

洗い流すタイプ、拭き取るタイプ、そして両方できるタイプがあり、比較的肌への負担が少なく、肌の水分量と皮脂量のバランスを崩しにくいクレンジング剤。メイクと溶け合うまでの時間がかかるため、急いでいるときなどには向きまん。クレンジングついでにマッサージをしたい方にオススメ。

ローションタイプ

コットンなどに含ませて拭き取るタイプのクレンジング剤。アルコール系の成がメイクを落とすしくみになっているため、乾燥肌や敏感肌の方には適していません。またコットンに含む量が少ないと肌への摩擦が生じてしまうほか、肌の表面に繊維が残ってしまうこともあるので注意が必要。

オールタイプ

メイクの濃淡を問わず素早く落としきることができるオイルタイプ。多くの界面活性剤が配合されているため、肌への負担が大きく、乾燥肌や敏感肌の方には適していません。それ以外の肌質の方も日常的に使うのではなく濃いメイクをした日などに限定して使用するのがオススメ。

ジェルタイプ

洗い流した後はさっぱり感があり、水分量が多いのでどんな肌質の方にも適しています。乾燥肌や敏感肌の方は成分内にアルコールが入ってないものを選びましょう。濃いメイクは落ちにくいのでアイメイクや口紅などは先にオリーブオイルなどで軽く落としておくと、クレンジング中のこすりすぎによる肌への負担を防げます。

シートタイプ

成分内にアルコールや防カビ剤など、刺激の強いものが多く含まれているため、乾燥肌や敏感肌の方はもちろん、それ以外の肌質の方も日常的に使用するのは好ましくありません。速やかにメイクを落とせるので、使用する時と場合を選べばとても便利です。

ミルクタイプ

クリームタイプと似たような特徴を持ち、肌への刺激が少なく、乾燥肌や敏感肌の方に適しています。クリームタイプに比べ水分量が多いので、特に保湿を意識している方にオススメです。

正しいクレンジング方法

クレンジングの効果がしっかりと生かされるように、正しいクレンジングのポイントをまとめました。ぜひ今晩から実施してみてください。

1

ホットタオルを顔全体に当て、毛穴を開くことでクレンジング効果が高まります。

2

ゴシゴシこすらず、力の入りにくい中指・薬指・小指の3本の指でやさしく円を描くようになじませます。

3

洗い流す際は、肌と同じくらいか少し低い温度、約32℃のぬるま湯で20回を目安にすすぎましょう。洗い残してしまいがちなあごの下や鼻の脇、髪の毛の生え際などは意識して落としきるようにしましょう。

クレンジング後の保湿がポイント!

クレンジング後の毛穴は開きっぱなしの状態。そのままにしてしまうと汚れが詰まり毛穴の開きの原因にもなります。そこでぜひ行いたのが肌のクールダウン。冷蔵庫で冷やした化粧水でバッティングする、ガーゼなどで包んだ氷をやさしく当てるなど、開いた毛穴を引き締めます。また、クレンジング後の保湿は毛穴トラブルや乾燥肌、過剰な皮脂分泌を予防するためには必須ですので、保湿ケア欠かさずにしましょう。